健康的な見た目に

茶グマはレーザーで治すことができます

目の下にできたクマで悩んでいる人がたくさんいます。クマができていると不健康そうな印象になりますし、実年齢よりも老けて見られることが多くなります。初対面の相手に決して良い印象を与えることはありませんので、何とかして症状を改善したいと希望する人が多いです。目の下に茶色いクマができている場合であれば、美容外科クリニックへ行ってレーザー治療を受けることによって、症状を改善できる可能性があります。茶グマは、紫外線の影響を受けて発生したメラニン色素がスムーズに排出されず、そのまま色素沈着を起こしてしまうことによって発生するケースが多いです。しかし、レーザーを照射すれば、メラニン色素の沈着をキレイに消してしまうことができます。茶グマが気になっている人は、美容外科クリニックへ行ってレーザー治療を受けてみるようにするとよいです。

クマの種類によって治療法が変わってきます

色素沈着が原因で生じているクマはレーザー治療でキレイに治すことができます。でも、全てのクマにレーザー治療が有効であるわけではありません。クマの中にはレーザーを照射することによって、逆に症状が悪化してしまう種類のものもありますので、美容外科医にしっかりと診てもらって、クマの発生原因を正しく特定してもらう必要があります。たとえば、目の下の皮膚がたるんで影が生じ、黒ずんで見えてしまっているケースがあります。この場合は、皮膚そのものに色がついているわけではありませんから、レーザーの照射で治すことはできません。黒クマを治すためには、目の下に影を生じさせている皮膚のたるみを治す必要がありますので、外科手術を採用することになる場合が多いです。